ネズミの被害があるならネズミ駆除方法を試してみよう

  • ねずみ超音波による駆除方法

    • 近年では、都会を始めとしてねずみの被害が増え続けています。

      森林など自然界と違い外敵が少ない事や、隠れる場所が豊富にあり人間の食べ残しとなったゴミが簡単に手に入る環境は、ねずみにとって最高の生活空間です。


      また、巣をつくる為のダンボール・新聞紙・ビニールなどもあり、繁殖するには良い材料が揃っています。日本に棲むねずみで、家ねずみと呼ばれる3種類が人間の生活圏に現れ色々な悪さをします。大型のドブネズミは、体長25cmを超えるものもあり獰猛で危険です。
      湿気や低い場所を好む為、下水管や床下・台所に棲みつきます。

      クマネズミは体長20cm程度で高い場所を好み、壁や樹木を登り電線を器用に伝って自由に移動します。



      高いビルや屋根裏などに棲みつきます。


      小型のハツカネズミは、体長10cm以下で非常に小さな体から1cmの小さな隙間でも簡単に侵入します。



      乾燥に強くコンテナや倉庫・貯蔵庫の穀物を荒らします。駆除には様々な方法がありますが、ねずみ超音波により追い払う方法があります。


      ねずみの嫌う周波数の音を発して、追い出すのが目的の機器です。ホームセンターでも売られていますが、値段も様々です。


      ねずみ超音波は、安価な商品を買うと効果を期待できない事が多いので、1万円以上の機器がお勧めです。
      設置してしばらく様子をみて、ねずみの存在が無くなったと確認できた際には、再度侵入を防止する処置を行うのも大切な事です。



      ねずみは学習能力が高いので危険が無いと判断すれば戻って来る恐れがあります。ねずみ超音波で効果が発揮できない場合は、業者に相談するのも重要です。